フォームOS 4 - どのように適切に記入するには?

フォームOS 4  - どのように適切に記入するには?

フォーム会計を記入 - それは、手続きやルールのルールを採用して定めた規定に厳格に遵守して行われるハードワークです。財政の間違いを避けるために、固定資産の適切な償却。

会計システムの形の既存のタイプ

財務諸表を維持する別の場所を含む文書の多種多様を、埋めるために権利と有能な組織の固定資産の会計処理のフォームに記入されて意味します。2003年1月21日の年のRF国家統計委員会の法令によると、我々は、場所に関係なく、所有権の彼らのフォームのすべての法人が使用するために必須の性質である会計のオペレーティングシステムの管理の新しい形を入れました。唯一の例外は、低いと信用組織です。前のフォームは廃止されました。

新たな規制の充填の出現は、増加の登録フォームの数につながりました。以前の場合はそこだけで8であったが、今の株式の数は、あなたが14に等しい、企業の中核資産を考慮するために会計士になりたいです。

アカウントに、企業や組織の原資産を取る形式は、次のものがあります。

  • 資金の到着時に完了するために必要な書類。彼らは、「マーキング」とOS次元シンボル1、図1a、1b及び3を有します。
  • 企業のコア資産の内部変位が充填されている文書。彼らは、英数字の名称OS-2を持っています。
  • 以下のフォームは、償却の手順で使用されている要求されています。次のようにそれらの表記法は、 - OS-4、OS-4A、4B-OS。
  • 最後の1 - 存在と運動のアカウントの形態です。彼らは6数字を指定し、6A、6Bが含まれています。

また、会計の実施に取り付けるために意図機器の動きをトレースしている文書を完了するために必要。これらのフォームの数は、次のとおりです。

  • フォームOC-14、OC-15、受付手続きまたは伝送装置を意味するものと解釈されます。
  • フォームOC-16は、特定された欠陥を持つ機器を説明するために使用されています。
続きを読む:  修了証の引渡しの受け入れを-サンプル

どのようなOS-4の形態であり、なぜそれが必要とされています

そこ組織の基本的な資産に関連した機器や施設が、悪化している状況があることと、バランスシートの健全性を維持するために受け入れられたフォームに基づいて退役する必要があるかもしれません。この場合、番号OC-4およびその変形の下でフォームを使用します。

企業や組織の操作の取り消しを示唆状況があると考えられています。

  • 資産の売却を作ります。
  • 陳腐化またはさらなる操作を防止する基本的な手段に属する機器の物理的劣化、
  • 事故や緊急事態の除去を行います。
  • オペレーティングシステムに関連する資産は、企業または企業の定款資本に投資されています。
  • 在庫手順が見つからないか、オブジェクトの損傷されることが判明した後、
  • OSはに寄付または交換に参加しました。
  • 主要sredtstvの近代化や改修の再構築時に、それを作製しました。

必要に応じて、ライトオフOS-4aの形に合わせて策定され、自動車用文書のを、経理部門のための必須条項は、撤退の行為が、また、レジスタから車両を取り除くの国家自動車検査官の臓器の確認だけではありません。

固定資産の他のグループのためのOC-4、OC-4Bの2つだけの品種を用います。ここで、第1の実施形態は、いくつかの資産の必要同時キャンセル場合に使用することができる基本的な手段と第2の形状に関連した1つのオブジェクトのみを、使用停止中に適用されます。

OSをオフに書くという行為は、特にそうすることを許可されている組織委員会の重複人物で満たされます。完成した文書は、委員会のすべてのメンバーによって署名され、頭や組織のディレクター、または委任状の下で働く者によって承認されなければなりません。

償却のために、検査証明書の準備中委員会は、その中の重要なポイントの数を指定する必要があります。

  • 資産の処分に行く理由。
  • 初診後の技術的な状態の評価。
  • 回収設備を行使するかどうか。
  • OSの早期摩耗の有罪かもしれ人物のリストの識別。
  • オブジェクトの個々の構成要素または部品の更なる操作のために適用する機会があるか否かをターンオーバーから出力されます。
続きを読む:  2018年法定監査基準

そのような文書を描画すると、OSのオブジェクト・ウェアハウスを置くためか、退職後に残ることがあり、資産の更なる実施のための有効かつ正当な理由です。ほとんどの場合、このような場合には、金属または他の材料資産の存在が含まれます。

署名された文書の最初のコピーは、経理部門に降伏するために必要とされます。会計文書の規定に基づき、エンボス加工設備とそれに続く償却01を反映されます。

第二は、それらが他の場所で倉庫やその他の一時的な宿泊先に格納されているオブジェクトの安全性の責任として指定された人でなければなりません。

また、在庫のカードオブジェクトの償却のデータの結果を反映すべきです。

ダウンロードアプリケーションがOS 4を形成します

充填特長

オフ書き込みの非常に行為を償却する資産の特定の特性に関する情報を表示し、それぞれが3つのセクションに分割されます。

ユニット1は、特にそれが含まれ、廃棄時のオブジェクトの情報が含まれています。

  • 交換費用。
  • 施設の運転開始以来、未収減価償却の値。
  • 残存価額。

対応する列に再評価OSオブジェクトは再評価に起因する残差値を示すべきです。バランスの上にそれを設定する際に再評価を行わなかった場合には、それは資産の初期費用を登録します。

セクション2は、例えば、貴金属のその組成物中の利用可能な、特別な適応は、通常動作に必要な、特別なアクセサリーをオブジェクトの簡単な技術および個々の特性を含みます。また、このセクションで手数料オブジェクトの状態とその後の使用の可否に関する結論を提供します。

第3節では、更なる使用や、その後の販売のために適切であり得るOS(解体、解体、領土からの除去)や在庫のオフに書いた後、既存の転送、の償却に関連して発生した費用を含むものとします。このセクションで充填するための情報は、フォームOC-1、OC-OS-1aおよび1bに汲み上げ作用から取られます。

フォームT53給与フォームT53の給与とは何ですか?これは、あなたがこの記事で学びます。

ここでは、すべてのルールに消火器を保ちフォームジャーナルを記入する方法を学びます。

フォームOS-1権利を記入するには?それは、ここに書かれています。

記入する方法について

段階的に推奨されるドキュメントを充填:

  • あなたは組織や企業、構造単位の完全な名前を表示しなければならないカバー部を、記入する必要がある最初の事は、オフに書かれたオブジェクトの位置です。
  • 次に、日付を入れたときに、資産評価減。
  • 次のステップは、手順の基礎となる数と順序日付を指定することです。
  • ライン「オフ書くための理由は、」オブジェクトが循環からの撤退の行為に該当する理由を明確に策定することが必要です。理由は、障害、物理的劣化、陳腐化又は他のかもしれません。
  • さらに、表に記入を開始する必要があります。オブジェクトに関するすべての情報は直接引き落としの日に指定しなければなりません。基本的な情報は、在庫カードから取得することができます。カラム7は、オブジェクトの代替値を示す必要があり、列9は、残差を説明するために使用されます。これは解除時間に計上イニシャルコストと償却の間の差として定義することができます。
  • 二番目の表においては、資産の出力特性を規定すべきです。特に、貴金属の有無を指定する必要があります。
  • 両方のテーブルを充填した後、オペレーティングシステムの取り消しを引き起こした理由であるレポートを、引き上げ。その後、委員会の各メンバーは、行為の起草に署名します。
  • 3番目の表は会計士で満たされる必要があります。これは、キャンセル手続き中に得られた財務結果を計算しています。総量も解体のコストと目的の分析とその実装によって受信を含みます。
続きを読む:  最初から理髪店をオープンする方法-ステップバイステップガイド

+7(812)425-60-36
(サンクトペテルブルク)

8(800)333-58-23
すべての地域のために!

それは、迅速かつだ無料

のみ、すべてのテーブルが完了した後に、組織の管理者やディレクターによって承認された行為を形成します。


あなたも好きかもしれません

コメントを追加します

あなたのメールは公開されません。付いている欄は必須項目です*